本音の意見のぶつかり合いから出会いをプラスへともっていく

メル友という言葉、それに対する言葉としてリア友というものがあります。
メールのみの関係のメル友に対して、現実世界…つまりリアルな空間での友達をリア友というのです。
多少なりいざこざがあったりしても、そのまま関係を続けていく関係がリア友です。
しかしメル友というのはその当たりはシビアで、相手が少しでも合わないと感じたらメールをやめて友達終了。
そういうルールが暗黙の内に存在しているようです。

こういう面だけから見るとメル友というのは、薄っぺらい関係でしかないように思えるかもしれません。
しかしそういう関係だからこそ言える事もあったりします。
人が全く介して居ない独り言なら当然、人はなんでも言えます。
そしてメル友という存在に対してもそれに近い感覚が人々にはあるのではないのでしょうか?現実的な接点が全く無い、自分の発言が日常生活になんらかの影響を及ぼすという事も一切無い。
そういった安心感から、本音の言葉をメル友だからこそ発する事が出来るという事もあるでしょう。
そして以外にも、リア友との間ではないような本音の意見のぶつかり合いという事が起きる事もあるのです。
薄っぺらいといった印象だけでメル友を作るという事を否定せず、そういったプラスの面があるという事も考えるべきなのかと思います。
とても大きな存在であるとメル友の事を考えている人も少なからず存在してみます。
一度メル友というものを作ってみれば、メル友の本質に近づけるかもしれません。